【Apple Watch】Series3からWatch SE へ買い換えました

Appleガジェット備考録登山・山歩き

Apple Watch 2020 はウワサどおりに『Apple Watch Series6』、新たに『Apple Watch SE』がラインナップに加わりました。Series3は引き続き併売されるようです。

本記事では、発表となったSeries6と旧モデルSeries5の新旧Apple Watchの仕様・スペックやその変更点などを比較します。

私は1年前にSeries3 38mmを購入し使用中。そのため、Series3とWatch SEの違いを注視した上で買い替え検討した結果、買い替えました(2020.9.16)。

【Apple Watch】2020 Series3からWatch SE への買換検討

以下の3パターンで比較まとめまをしました。

  1. Apple Watch Series6 / Series5<上位モデル>
  2. Apple Watch SE / Series3<下位モデル>
  3. Apple Watch Series6 / SE<2020年新型モデル>

 

<上位モデル> Series6 / Series5

新旧Apple Watch上位モデルの仕様や新機能などを中心に比較してみます。

Series 6 Series 5
価格 42,800円(税別)〜 42,800円(税別)〜
ディスプレイ LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ 感圧タッチ対応LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ
サイズ 44mm/40mm 44mm/40mm
材質 アルミニウム/ステンレススチール/チタニウム アルミニウム/ステンレススチール/セラミック/チタニウム
チップ  S6(64ビットデュアルコアプロセッサ)/W3(Appleワイヤレスチップ)/U1チップ  S5(64ビットデュアルコアプロセッサ)/W3(Appleワイヤレスチップ)
ストレージ 32GB 32GB
通信 Bluetooth 5.0/Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz,5GHz Bluetooth 5.0/Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz
バッテリー 最大18時間 最大18時間
その他 感圧タッチの廃止 /新色追加/血中酸素濃度センサー/常時計測の高度計  コンパス/電気心拍センサー/海外における緊急通報
  • 血中酸素濃度センサーの搭載
  • 明るさが増し屋外での視認性が向上した常時表示ディスプレイ
  • S6チップはS5比で最大20パーセント高速
  • U1チップ(超広帯域)搭載

 

<廉価モデル比較> SE / Series3

下位モデル同士の比較です。Apple Watch Series3は今後も併売が継続。
私はここを注視してます。

SE Series 3
価格 29,800円(税別)〜 19,800円(税別)〜
ディスプレイ LTPO OLED Retinaディスプレイ OLED Retinaディスプレイ
サイズ 44mm/40mm 42mm/38mm
材質 アルミニウム アルミニウム
チップ  S5(64ビットデュアルコアプロセッサ)/W3(Appleワイヤレスチップ) S3(デュアルコアプロセッサ)/W2(Appleワイヤレスチップ)
ストレージ 32GB 16GB(GPS+Cellulearモデル)/ 8GB(GPSモデル)
通信 Bluetooth 5.0/Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz Bluetooth 4.2/Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz
バッテリー 最大18時間 最大18時間
その他 常時計測の高度計  Siri/LTE対応/ワークアウト/ストリーミング再生
  • 「Series3」と「SE」の差はSeries3とSeries5ぐらい違う
  • S5チップはS3比で最大2倍高速
  • エントリーモデルはSeries3からSEへと移行かも?
  • 中身はSeries5とほぼ同等なので、Series4所有者は見送りかSeries6

 

<新モデル比較> Series6 / SE

今回、2020年に登場した新モデル同士の比較。

Series 6 SE
価格 42,800円(税別)〜 29,800円(税別)〜
ディスプレイ LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ LTPO OLED Retinaディスプレイ
サイズ 44mm/40mm 44mm/40mm
材質 アルミニウム/ステンレススチール/チタニウム アルミニウム
チップ  S6(64ビットデュアルコアプロセッサ)/W3(Appleワイヤレスチップ)/U1チップ  S5(64ビットデュアルコアプロセッサ)/W3(Appleワイヤレスチップ)
ストレージ 32GB 32GB
通信 Bluetooth 5.0/Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz,5GHz Bluetooth 5.0/Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz
バッテリー 最大18時間 最大18時間
その他 感圧タッチの廃止 /新色追加/血中酸素濃度センサー/常時計測の高度計 常時計測の高度計
  • GPS+Cellulearモデルは共に「ファミリー共有設定」に対応
  • S6チップはS5比で最大20パーセント高速
  • 常時表示ディスプレイの有無
  • 血中酸素濃度センサーの有無
新しい2機種については「常時表示」と「血中酸素濃度センサー」の違いが大きいですね。逆にチップ性能の差はそこまで体感できないのではと予想します。

【まとめ】Series3 から Watch SE への買い替えの魅力は?

買い替え目線で基本仕様やその変更点などを中心に新旧Apple Watchを比較してみました。

おおむねウワサ通りの発表内容ではありましたが、「ファミリー共有設定」については、私の環境では正直いるのか?と。子供にはスマホ持たせるかな。

 

  1. Apple Watch Series6に2色の新色追加
    (ブルー/PRODUCT RED)
  2. Series6に血中酸素濃度センサー搭載
  3. 廉価モデルApple Watch SE登場
    (S4&S5のハイブリッド的なスペック)
  4. Apple Watch Series3の併売も継続

 

販売価格(税別)は以下のようになっています。

  • Apple Watch Series6 : 42,800円〜
  • Apple Watch SE : 29,800円〜
  • Apple Watch Series3 : 19,800円〜
Series3を1年使用しての不満として
・若干画面が小さく操作しづらい
・Siriの起動や反応速度が遅い
・登山をするとコンパスが欲しくなる
・毎日充電するバッテリー容量

の4点が挙げられる。

現在使用しているSeries3は購入時の下取りで1万円の見積。
差額の約2万ほどで、チップがSeries5同等 / GPS / 常時計測の高度計 などの機能追加となる。
不満点3つを解消できる方なら買いかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました